2010年06月23日

混沌

混沌とは中国神話の宇宙根源神の「のっぺらぼう」。
句作は脳と魂から言の葉(神)を書き出す(掻き出す)業…
いよいよ混沌である。


羽 繕 ふ 御 所 の 烏 や 賀 茂 祭

阿 修 羅 像 眼 差 し 潤 む 薄 暑 光

文 字 摺 り の 主 役 と な り ぬ 芝 の 上

竹 林 を 抜 け て ほ ほ 打 つ 青 時 雨

ざ り 蟹 の こ だ わ り 捨 て し 脱 皮 か な

空 蝉 の 生 ま れ る 覚 悟 死 ぬ 覚 悟

我 は だ れ 我 は ど こ ゆ く 後 の 月

曼 珠 沙 華 鬼 子 母 ざ ん げ の 血 の 涙

虚 空 蔵 の 導 き 賜 ふ 花 野 か な

舞 ふ と い ふ 自 由 を 得 た り 朴 落 葉

落 葉 踏 む 足 の 深 さ よ 獣 道

山 門 の 鬼 の 呼 び 込 む 師 走 か な

お け ら 火 を 回 す 家 路 の 遠 き か な

鎌 倉 の 神 の お 告 げ か 初 鴉

ほ ほ 笑 み を 添 へ て 仕 上 げ ぬ 初 化 粧

ち ゃ ん ち ゃ ん こ 羽 化 登 仙 の 夢 路 か な

休 学 を や む な く せ し 子 下 萌 ゆ る

降 り 立 つ や 寂 光 院 の 棚 霞

耕 人 の 後 を 就 き け り 鳥 三 羽

願 ふ こ と や め て 祈 り の 春 夕 焼 け
posted by seiko at 15:19| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

初夏の岩戸開き

著 莪 の 花 奥 の 院 へ と 導 け り

袴 脱 ぐ 如 く 竹 皮 落 ち に け り

こ の 夏 も 草 木 の う で に 時 計 草

風 神 の 剪 定 し た る 葛 か づ ら

星 月 夜 壺 振 り 出 す は 金 平 糖

絽 の 衿 を 正 し 蘭 麝 の 香 を 聞 く

刈 田 原 休 む 水 車 の 静 寂 か な

枯 蟷 螂 踏 み て 伝 は る 足 の 裏

立 冬 や 巣 鴨 に す つ ぽ ん 買 ふ 翁

顔 見 世 は 西 陣 帯 に 決 ま り ど す

お け ら 火 を 回 す 袂 に 手 を 添 へ て

ふ く ろ ふ の 啼 き て 不 動 尊 眠 ら る る

鳰 鳥 の 潜 る 波 紋 や 凪 の 湖

石 蕗 の 花 埋 も れ し 墓 に 寄 り 添 ひ て

啓 蟄 や 数 へ て 十 の 土 竜 塚

あ れ こ れ と 未 来 占 ふ 春 炬 燵

落 柿 舎 の 簑 は 表 札 風 光 る

月 朧 う つ す 出 湯 に 波 の 音

大 棗 螺 鈿 夜 桜 散 り ば め て

GYU.JPG
posted by seiko at 14:20| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

俳句天国

初 詣 く つ き り と 虹 賜 り ぬ

な づ な 打 ち 弾 み 声 な る 母 の 唄

花 嫁 の 涙 ポ タ リ と 白 椿

朧 月 看 取 れ る 母 の 管 ほ そ し

初 花 を 見 届 け 母 は 逝 き に け り

出 棺 の 苧 環 捧 ぐ 別 れ か な

納 骨 の 涙 緑 雨 と な り に け り

な き や ま ぬ 鶯 廊 下 御 忌 の 寺

入 山 の 僧 の 行 列 葱 坊 主

春 惜 し む 宮 司 祝 詞 の 語 尾 長 し

黄 泉 路 行 く 父 に 添 へ た し 花 菖 蒲

凌 霄 の 落 ち し 花 を ば ギ ヤ マ ン に

延 暦 寺 香 の 染 み 入 る 夏 木 立

編 み 上 げ の レ ー ス に ま さ る 虫 食 葉

峠 道 谺 か へ ら ぬ 秋 の 蝉

画 布 青 く 更 に 塗 り 込 む 秋 の 昼

湯 の た ぎ る 茶 室 に 座 せ ば け ら 鳴 け り

み の 虫 の つ ぶ や き を 知 る 人 も 無 し

退 官 に 重 ね て 白 き 菊 の 酒

小 流 れ の 錦 の 鯉 や 紅 葉 の せ

W2H.JPG
posted by seiko at 13:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

真我のめざめ

大 仏 の 背 中 を 撫 で て 初 夏 の 風

大 空 に 鯉 瀧 の ぼ る 端 午 か な

薫 風 に 温 故 知 新 や 鴫 立 庵

鳥 こ ぼ す 桑 の 実 を 待 つ 鯉 の 群 れ

蹲 踞 の し と と 濡 れ ゆ く朝 茶 の 湯

朝 茶 事 の し つ ら へ 済 ま せ 水 を 打 つ

宵 山 や 黒 川 の ご と 人 流 れ

射 干 や 祭 屏 風 の 脇 つ と め

秋 桜 や 手 弱 女 の ご と 揺 ら め い て

虫 の 音 や 指 揮 者 の を ら ぬ 合 奏 会

喜 寿 御 礼 米 寿 祈 願 の 初 詣

寒 林 に 野 鳩 の 夫 婦 眠 り を り

還 暦 や 紅 咲 き 誇 る 寒 椿

座 禅 草 大 地 に し か と 座 し て を り

比 良 八 荒 竜 虎 戦 ふ 如 く 吼 え

盃 の 桜 飲 み 干 す 宴 か な

せ せ ら ぎ の 音 も か き 消 す 芝 桜

蓬 摘 む 餅 か 団 子 か 決 め ぬ ま ま

た ん ぽ ぽ を 摘 み つ つ 押 し つ 車 椅 子

春 眠 の 夢 破 れ た り 鳥 の 歌

SAJHGY.JPG
posted by seiko at 12:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。